土地選びのポイントまとめサイト

土地選びで重要となるポイントについて

建ぺい率、容積率って何?

家についての具体的なプランや設計が決まれば、それに応じて条件に合った土地を見つけることができると思います。
しかし、単純に土地の面積や形だけ決めてしまうことはできません。
建築基準法に沿った建物を建てなければならないだけでなく、建ぺい率や容積率も重要となります。
建ぺい率とはその土地の総面積のうちどの区割りの割合が建物に使えるかということです。
例えば、建ぺい率が100%ならその土地の100%が建物に利用できますが、住宅地などでは隣に建造物があることや日照権等の問題から建ぺい率が50%と、土地の全てを建物として使えなくなっているところが多いようです。
容積率は建物の延べ床面積の割合を表すもので、建物の各階の床面積の合計が土地の面積に対してどのくらい使えるかを表します。
建ぺい率、容積率はセットになっていてこれによってどのくらいの大きさの建物が建てられるかが決まっています。

防災基準や土地の利用用途の制限

土地の立地や地盤等により利用の制限が存在します。
例えば農地として使われている土地を宅地に転用する場合勝手に転用すると法律違反になります。
農業委員会による転用許可を受けることが必要になりますし、土地によって、宅地転用が認められていなかったり、何年間かは農地として利用しなければ宅地転用が認められないところもあります。
また、防火地域や木密地域に指定されている場所では大規模火災を防ぐためにほかの土地よりも耐火基準が厳しくなっていることもあります。
こうした制限により、希望通りの家が建てられないこともあり、土地選びの上で考慮するポイントとなるでしょう。
また、景観保護条例が適用される土地でも希望の建物が建てられない可能性があるので、そうした土地を避けたり、条例に合わせた家を建てる必要が出てくるのではないでしょうか。


シェア
TOPへ戻る