どこに建てる?家を建てる場所を選ぶときのポイント

土地選びのポイントまとめサイト

土地の活用には制限がある事を知っておこう

いつかは家を建てたいと考える人は少なくないと思います。
しかし、家を建てるということは簡単なことではありません。
どんな家を建てたいか考えることも必要ですが、希望に沿った家を建てるためには土地が必要になります。
家を建てたらずっとその土地に住み続けることになるため、土地選びは非常に重要です。
土地の面積や形によってどんな家が建てられるかは違います。
土地の面積が広く、形が正方形や長方形であれば、土地を有効に活用できます。
また、土地によっては建物の高さ制限や耐火基準などの建築基準が設けられているところもあります。
また、その土地がどのような場所にあるのかも土地選びのポイントになると思います。
田舎や人の多くない土地がいい、都心に近い所、駅からのアクセスが良い所、職場の近くなど、自分の希望に合った土地を選ぶことが必要です。
人によって価値基準が異なるので、自分は何が重要かを明確にしたうえで土地を選ぶことも1つのポイントです。
また近くに大型商業施設や工場があれば騒音などに悩まされることもあります。
治安や犯罪率なども考慮することも重要なのではなでしょうか。
土地の場所によって建物の形状が面積や形状、価格など目に見えるものが土地選びのポイントになるのはもちろんですがその土地の地盤や立地条件、土地の過去などの目に見えないものも考慮する必要があると思います。
土地を選ぶうえでどういったことが重要になってくるのか、皆さんがあまり気にかけていなくても考慮する必要があると思われることについてまとめてみましょう。

土地選びで重要となるポイントについて

土地を買った後、その土地を自由に使えるわけではありません。 家の建て方によっては法律違反となってしまうこともあります。土地の利用には様々な制約があります。 そうした制約を知っておくことは土地選びの上で重要なポイントになると思います。 ここではそうした制約について説明しようと思います。

土地の地盤や過去について知っておくべきこと

土地の地盤や過去の利用用途は目に見えないため、どうなっているのか不明です。 しかしそこに住む以上、できる限り被災や地盤沈下等による家屋倒壊のリスクは避けたいものです。 また、すぐに家を建てられない土地もあるのです。 ここではどんな土地が危険なのか、どんな手続きを取れば家が建てられるか説明します。

意外と知られていない重要なポイント

土地の周辺の道路状況やその土地の属する地域の福利厚生や補助金制度については意外と気にかけづらいポイントです。 こうしたことを考慮しておくと、住み始めてからの生活に大きな違いがあると思います。 したがって、ここでは土地選びにかかわるであろう周辺の道路状況や福利厚生、補助金についてお話ししようと思います。

TOPへ戻る